広島藩とは – 浅野氏広島城入城400年記念事業公式サイト
loader

歴史・文化

広島藩とは

広島藩は、江戸時代有数の大藩

広島藩とは、広島城を居城とした外様の大藩です。福島氏の時代には安芸・備後の2国全てを領国とし、浅野氏の時代は安芸国一円と備後国8郡で、現在の広島県の約8割の面積でした。

広島藩がどれくらい大きな藩だったか見てみましょう。
国とは、奈良時代の律令制によって区画された名称で、江戸時代には行政区分としての役割はなく、地理的区分の呼称でした。一方、藩とは大名に与えられた領地を指し、国を分割して与えられることもあるため、国の範囲と藩の範囲は一致しません。
国は68存在しましたが、藩の数は約300。1つの国を複数の藩が分け合って領知とすることも多く、例えば伊予国(現愛媛県)の中には、5つ以上の藩がありました(時代によって変動)。一国以上を領知とする藩主は、国持大名とも呼ばれる有力大名だったのです。
そんな中、安芸国全土と備後を含む広島藩は、石高も42万石を誇り上位に位置する経済力を備えた大藩で、幕府への影響力も大きい存在でした。

それを裏付けるもののひとつが、江戸の藩邸です。多くの藩が江戸城下に上屋敷を持ち、離れた場所に中屋敷や下屋敷を持っていましたが、浅野氏は江戸城下に2つの藩邸がありました。有力な藩でも江戸城下には上屋敷1邸が普通でしたから、幕府と広島藩の関係の深さを物語っています。広島藩邸の所在地は、現在の霞が関(国土交通省庁舎)と永田町(国会議事堂)の場所です。また少し離れたところに中屋敷もあり、現在は赤坂サカスが建っています。


広島の風土が経済発展を後押し

中国山地から、なだらかな丘陵地帯を経て瀬戸内海まで、山、川、里、海、島がある広島藩。山間部と沿岸部で異なる気候や風土がある変化に富んだ地勢です。「日本の縮図」とも呼ばれた多様な自然環境が多くの農水産物を育み、さまざまな産業を生み出したことが、広島藩を強固で豊かな藩に育んでいった要因のひとつでもあります。

江戸時代、特に大きく変化・発展したのは沿岸部です。三角州で、ほとんどが干潟だった広島の地は、広島城付近で海抜3.5メートル。築城当時の海岸線は平和大通りくらいと推定されています。その先に広がる干潟は江戸時代にほとんど干拓し、陸地が拡大。草津や五日市、海田市のあたりもどんどん干拓が進みました。新しく生まれた土地が都市の発展を促すとともに、農地としても藩の発展に寄与しています。多くの人が流入し、人口も内高も増大。浅野氏の治める広島藩はより強大な藩へなっていきました。

ところで広島では、土地の開発が古来から盛んでした。低地の植生は本来クスノキやカシなどの照葉樹林ですが、山間部ではたたら製鉄、沿海部では製塩に使う薪炭の伐採などが進み、本来の自然林はほとんど残っていません。現在の広島に、アカマツなどの二次林、戦後の植林によるスギやヒノキが多いのは、そういった背景があるのです。


「広島」の名前の由来

佐東郡 五箇村と呼ばれていたこの地を、「広島」と名付けたのは毛利輝元で、広島城築城の鍬入れのときに命名したといわれています。由来には諸説あり、もっとも有力なものは地形にちなんだもの。広島は太田川河口域の三角州にあり、今の平和大通りの先は干潟で、島や中州が点在していました。白島地区や比治山も陸続きではなく、築城の場所がデルタの中の広い島だということから広島と名付けたといわれています。

もうひとつの有力説は、人名に由来したものです。毛利家の祖先である大江広元(源頼朝の側近)から「広」の字と、元々この地の豪族で築城に大きく関わった福島元長の「島」の字を組み合わせたものとも考えられています。

西日本最大の大名である毛利家が広島に居を構えるのは、戦国の時代から泰平の世を見越し、かつ広島の地の利を理解していたということでもあります。とはいえ、新たに築城して本拠地を移し、山城から平城に変えるということは、毛利家および領地の将来に関わる一大事業でした。「広島」は新たな土地で新しい藩政を構築すべく、願いをこめた命名だったことでしょう。