浅野氏広島城入城400年記念事業とは – 浅野氏広島城入城400年記念事業公式サイト
loader

記念事業について

浅野氏広島城入城400年記念事業とは

記念事業の趣旨

浅野氏が広島城に入城して400年という節目の年を契機とし、県民及び広島県を訪れた観光客に、
浅野氏入城以降の広島の歴史・文化を再発見し、郷土愛を深めていただく機会とする。

記念事業の特徴

  • 浅野氏広島城入城400年記念事業は、41団体が108事業を実施
  • そのうち、集中実施期間(9月~10月)に68事業が実施

主なイベント

時代行列・入城行列

日時 : 9月15日(日)10:00~11:45 / 
場所 : 柳橋公園スタート / 
※行列参加の募集受付は終了しました

9月15日(日)に武士、町人、芸人に扮して町を練り歩く時代行列・入城行列を開催します。

行列ルート

時代行列
柳橋公園ぶつだん通り金座街本通り元安橋平和記念公園(約1.7キロ 約40分)
入城行列
柳橋公園本通り(セブンイレブン前)広島銀行前紙屋町シャレオ鯉城通り(クレド前~ひろしま美術館前)地下道移動三の丸二の丸本丸 (約2.4km 約1時間40分 ※クレド前でのイベント時間30分を含む。)

行列ルートMAP

行列ルートMAP


記念式典

日時 : 9月15日(日)13:30~15:30 / 
場所 : JMSアステールプラザ大ホール / 
参加費 : 無料

浅野長晟が広島城に入城して400年目の節目を迎えるこの日に、記念式典を開催します。オープニングは広島文教大学附属高等学校和太鼓部「文教太鼓 葵」による勇士でダイナミックなアトラクション。県内全域で年間50回のステージをこなす同部の、太鼓にかける心意気が見ものです。また、東京大学史料編纂所教授の本郷和人氏による江戸時代の広島をテーマとする講演「浅野氏が描いた夢 浅野氏入城後の広島」があります。

※ 記念式典の参加申込みは終了しました。

本郷和人氏
本郷和人氏

広島文教大学附属高等学校和太鼓部「文教太鼓 葵」

広島文教大学附属高等学校和太鼓部「文教太鼓 葵」

構成団体

  • 広島商工会議所
  • 広島県
  • 広島市
  • 一般社団法人 中国経済連合会
  • 広島経済同友会
  • 一般社団法人 広島青年会議所
  • 広島県経営者協会
  • 一般社団法人 広島県観光連盟
  • 公益財団法人 広島観光コンベンションビューロー
  • 公益財団法人上田流和風堂

記念事業募集

「浅野氏広島城入城400年記念事業」を募集します!

県民や広島県を訪れた人に、広島の歴史・文化を再発見していただく機会が増えていくよう、
民間団体、自治体等が浅野氏広島城入城400年を記念して実施される事業を募集します。
採択された事業は当HPなどで広くPRしていきます。

詳細はこちら

ロゴマークについて

浅野氏広島城入城400年記念事業 ロゴマーク

製作者
高橋正広さん(デザイナー)

選定理由

別名「鯉城」とも呼ばれ、広島を見守ってきた広島城をモチーフに緋鯉がこれを円で包み込むデザインは、広島の歴史・文化を想像させ、基本方針の趣旨をよく表している。緋鯉の赤がロゴマークのアクセントとなって目を引き、広島らしさと親しみが感じられ、また、シンボルマークとロゴタイプの一体感も取れている。

ロゴマーク使用申請について